【日本海側最北端のゆず栽培最適地 庄川ゆず!!】

日本海側最北端のゆず栽培最適地として、1970年から金屋地区を中心に、青島地区、雄神地区も含めた地域で植栽が始まりました。
 その後、1981年に地元の生産者が中心となり「金屋ゆず生産組合」が設立され、
施肥やせん定、防除などの技術向上に努めながら、品質の向上に努めています。
 「庄川ゆず」は、「庄川嵐」と呼ばれる風や冬の寒さなど、この土地ならではの気
候風土の影響を受けることで、ほかの産地と比較して、表面が粗く凸凹が目立ち、果皮が厚く、香りが強いのが特徴となっています。
 また、毎年11月中旬には、地域のイベントとして「庄川ゆずまつり」が開催され、生ゆず以外にも、「ゆずみそ」や「ゆずジュース」など、庄川ゆずを加工した様々な加工品が販売され、多くのリピーターを呼び込んでいます。


【庄川ゆず】

地図.png

yuzu.jpg

【場所情報】

住所
富山県砺波市庄川町金屋地内

top_yuzu.gifyuzu1.jpgimages (2).jpg